スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

プロアクティブの成分!実は日本製とアメリカ製では中身の成分が違います!

プロアクティブには、日本製とアメリカ製(US製)がありますが、実はニキビ治療として採用している有効成分が異なります。これは、日本でプロアクティブを発売するに当たり、日本人の肌に合わせた有効成分を採用しているためです。

一般的に日本人のような黄色人種系の肌は、刺激に弱いらしく、そのためプロアクティブの有効成分も弱めにしているらしいです。これ美容系製品では多いのですが、口コミなどをチェックしているとアメリカ製のスキンケア製品だと肌が荒れてしまう方が多いなんてことが書かれているケースがあります。そのため海外製品のスキンケアなどは、概ね成分が強いと思った方がいいかもしれません。

なお日本製プロアクティブに使われている有効成分は、サリチル酸(主に殺菌)とグリチルリチン酸ジカリウム(主に肌荒れ対策)の2つで、US製では過酸化ベンゾイルと呼ばれる有効成分が使われています。この過酸化ベンゾイルは、アメリカのニキビ治療薬としては実績のある成分だそうですが、日本製プロアクティブで利用されていないところをみると成分が強いことが想像できます。

これは口コミなどを見るとわかるのですが、US製のプロアクティブの方がニキビに効果的なんていわれていたりします。意図的にUS製プロアクティブを買う人が多いのはこれが理由なんですね。この辺のレビュー(日本製、US製)については楽天市場を参考にしてみるといいです。

そこで、かいつまんで日本製とUS製のプロアクティブのレビュー比較をした感想を紹介しておきます。

日本製プロアクティブは、日本人の肌質に合わせているため、効果があるという意見がある反面、肌の相性が悪いと感じている方も少なくありません。特に敏感肌では気をつけたい感じです。なおプロアクティブ(日本製)は、楽天市場でも購入できるのですが正規品ではないため、返金保障がありません。まあ公式サイト以外のサイトの方が安いですから!ただ初めて購入する場合は高くても返金保障がある公式サイトから購入した方が安心ですね。

次にUS製プロアクティブです。やはり効果のあると感じ人と、効果なしと感じる方に別れますね。こればかりは肌との相性が関係しているので、試してみたいとわからんかもしれません。特にUS製の場合、成分が強いせいか、刺激が強いと感じる方がいます。敏感肌には合わないかもしれませんね。特に日本製のニキビケアで刺激が強いと関している方は、止めた方がいい気がします。さらにUS製は、アメリカ直輸入になるのですが、かなり時間がかかるようです。

上記のことからプロアクティブを購入するなら、苦情が言える公式サイトから購入した方が賢明かもしれません。また実際の効果は、肌との相性といった感じですね。
スポンサーサイト

タグ : 過酸化ベンゾイル, サリチル酸, グリチルリチン酸ジカリウム,

| ニキビケア | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。